2005年06月14日

映画『バンディッツ』

〜 2人は恋人 3人は犯罪の始まり.〜


息の合うコンビ(ブルース・ウィリスとビリー・ボブ・ソーントン)が銀行強盗をやっていたが,1人の女性(ケイト・ブランシェット)によって運命が変わってくる,といったお話.

ユニークなユーモアが交じっており,強盗の話にもかかわらず重くなく,あまり深く考えずに楽しめました.最後のオチが一番の見所で,いい意味で「騙されたぁ〜」という意見も結構あるみたいですね.ブルース・ウィリスの長髪も見モノかな.
posted by あむぱむ at 00:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

バンディッツ
Excerpt: ほんと、ブルース・ウィリスは名優ですね。ダイハードシリーズで、ブレイク後のダメっぷりがウソのように、すばらしい作品がいっぱいですね。 隣のヒットマンやパルプ・フィクションは、秀逸です。 本..
Weblog: サイケデリック レボリューション
Tracked: 2005-06-15 00:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。