2005年05月15日

テレビ番組『世界がもし100人の村だったら3』

今日はゴールデンで『世界がもし100人の村だったら3』がやっていたので,たまたま見てみた.

そこでは,10歳〜13歳くらまでの少女や少年が過酷な仕事をして極貧生活を生き抜いていく姿が.いや,生き延びていくと言った方がいいのかも.親が死んだり,いなくなったり,病気で働けなくなったのが原因でその子供が働かねばならない.自分のためというより家族のためだという健気な姿勢を放映していた.

子供なので,一般的な知恵・知識がない,経験がない,コネがない,力もない.だから働くといっても選択肢が少ないのが残念だ.働く意思があっても働けないのは非常にもどかしい.日本のニート(NEET: Not in Employment, Education or Training)たちは見習って欲しいものだ.日本の場合は先進国で,生活水準が高いからどんなに自分の水準が下がっても餓死しない環境.それがニートの存在を許すのかな.しかし,発展途上国では平均的な層の生活水準が低いから,極貧相の水準はまさに死との隣り合わせ.テレビの中の子供たちはよくがんばっていた.

番組はそれぞれの子供たちの過酷な生活を放送してそれで終了.んで,結論とまとめと今後の課題は?って聞きたくなる.とりあえずこんな現状がありますよって報告しました.後は自分たちが何かを感じて何かやってちょうだいって感じなのかな.タレントの涙とかいらんから,誰かその方面のコメンテイターでもおいて議論などすればもっと支持されてイイ番組になるんじゃないかなぁ.

働かなくて貧しい大人を救う必要がないにしても,自分では環境を変えることもできないような貧しい子供を救うフレームワークは作らねばならんと思う.と簡単に言うもののこれはかなり困難だ.いったい誰が金銭面を考慮しつつどんな方法でやるんだっていうことに.人が集まってシンポジウムなんかやれば話が前に進むかも.まー自分としては,結局生活水準の平均値を上げる→水準の底上げにつながるということを信じてしばらく学術会に身をおきますか.

『世界がもし100人の村だったら』本ゲット
・国際援助団体NGO『フォスター・プラン』公式サイト
posted by あむぱむ at 02:00| Comment(13) | TrackBack(8) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。